多くのお金を持っている女性
電話のポーズ

ローンと教育

不動産ローンや自動車ローン、多額のものを買う時に必要なローンがありますが、その他にも「教育ローン」と呼ばれているものがあります。子供たちの成長のためにぜひ組みたいところですが、低金利のものを探す必要があります。

この記事の続きを読む

いろいろな硬貨

不動産担保ローン

不動産担保ローンと呼ばれているものがあります。不動産を担保にして融資を受けるこのローンを組むにあたっては、押さえておくべきことがたくさんあります。しっかりと学んでいきましょう。

この記事の続きを読む

ガッツポーズの男と女

小口のローン

その日のうちに使うようなお金を融資してもらう、カードローンなどの「小口のローン」について知りましょう。即日融資というスピーディさが売りのローンですが、そのサービスは近年ますます便利なものになっています。

この記事の続きを読む

コールセンターの女子

お金の使いみち

不動産担保ローンで融資してもらうお金の使いみちについては、いろいろと幅広く考えることが出来ます。教育ローンや住宅ローンと違って、使途制限が設けられていないからです。計画的に利用しましょう。

この記事の続きを読む

ローンと不動産

案内するビジネスマン

自宅を購入する際に、その土地や建物を担保に住宅ローンを組んだ場合は借入先の金融機関などに抵当権が発生します。これを第一順位の抵当権と呼びます。2か所から借入れした場合には登記した順に第一、第二順位となります。この順位がそのまま債務の返済を受けられる順位となります。第一順位の債務を全額返済し終えた後で第二順位は返済を受けられます。よってこの順位は非常に大切です。ですのでもし住宅ローンを返済中の家を担保にお金を借りる、すなわち不動産担保ローンを利用したいと考えた場合には抵当権が何位まで設定されているかが非常に重要になってきます。不動産担保ローンは不動産という担保がありますので、無担保で借りられる消費者金融の商品よりも金利が抑えられています。しかも使用目的は限定されません。借りる側にも大変メリットがあります。しかし銀行では第一順位の抵当でなければ融資を受け付けてもらえません。

では住宅ローンが残っている場合には不動産担保ローンを利用できないかと言えば、そうでもありません。ノンバンク系の会社ですと第二、第三抵当でも融資を受けられます。融資を受けられる金額は、不動産の評価額からの査定以外にも住宅ローンの残債額が大きく影響します。返済済みの額を大幅に超える融資は難しいでしょう。逆に返済が進んでいれば、余力があると見なされ融資額も増えるでしょう。不動産担保ローンを申し込むとまずは物件調査などの査定があります。その後、融資が通った場合は遅くとも3日ぐらいで振り込みが行われるようです。借入れ期間も長いものでは30年と言うものまであります。基本的に保証人は不要です。各社では電話やメールなどで融資可能額がどれぐらいか相談できます。相談だけなら無料ですので融資額を確認してみるといいでしょう。